• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

空き家管理プラン

1 活用事例 自宅の建て替えを検討しているBさんの場合

<ご相談内容>

Bさんは,自宅の建て替えを検討しています。敷地はBさんの所有です。

しかし,息子さんからみると,父親のBさんは,最近物忘れも多くなってきて,このまま時間のかかる自宅の建て替えを行っている間に認知症になってしまわないか,心配です。

とはいえ,これが相続税対策であることも考えると,息子さんが自分でお金を借りて自分名義の建物を建てても意味がありませんので,このままでも仕方ないか,と思い始めています。 

しかし,ここに大きなリスクがあります!

もし,Bさんが建物の建築途中で認知症を発症すると,建物完成時の本融資契約が締結できなくなってしまうのです!

こうなってしまうと,急いで成年後見の申立てをして,後見人に手続きの続きをしてもらわなければいけません。※成年後見制度を利用する場合の注意点はこちら

この場合,

①成年後見人に誰がなるのか分からない

②成年後見人選任までに数か月の時間を要するため,無駄に(つなぎ融資の)利息等のコストがかかる

といった問題が発生してしまいます。

<解決方法>

そこで,おすすめなのが「家族信託~建築安心信託プラン」です。

建築を始める前に,あらかじめBさんとお子さんとの間で建築安心信託プランの家族信託を行うことで,万が一建築途中でお父さんが認知症になったとしても,お子さんが建築のための契約をはじめ融資を受ける行為も代わりに行うことができるのです。 

2 プランのご説明

① 信託財産
建て替え予定の建物とその敷地

② 委託者
不動産の所有者様

③ 受託者
建築から融資実行までを行うのできるご親族様(借入の責任があることから,できれば相続権のあるお子様)

④ 受益者
委託者様

※ 贈与税はかかりません。

⑤ 信託の開始時期
契約時点となります。

⑥ 信託の終了時期
原則は,委託者様の死亡時となります(融資予定銀行との打ち合わせ次第です)。死亡後のご実家の所有権をどなたに承継されるかを決めておくことが可能です。 

3 料金のご説明

60万円+税

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談