• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

遺言と遺言代用信託、遺言信託の違い

似たような言葉として,「遺言」と「遺言代用信託」,「遺言信託」というものがあります。それぞれ意味が違いますので,ここではこれらの違いを説明します。

1 遺言とは何か?

遺言とは,自分が死亡した後の自身の遺産の帰属先を予め決めておくもので,自筆や公正証書等の方式で作成するものです。

遺言があれば,自分が亡くなった後,遺言内容に従って相続人等に遺産が承継されます。

2 遺言代用信託とは何か?

遺言代用信託とは,委託者等の死亡時に信託財産が特定の者に承継されるタイプの信託で家族信託でこれを行うこともできますし,信託銀行の商品としても存在するものです。

「代用」という言葉からも分かる通り,信託を遺言の「代わり」に使用するというものです。次に説明する遺言信託との違いは,遺言代用信託は信託契約をしたらすぐに効力を持つのに対して,遺言信託は,信託した者が死亡して初めて効力を持つ点です。

遺言信託

遺言信託とは,委託者の死亡時に初めて効力の発生する信託で,これも信託銀行が行うサービスもあれば,民事信託として行うこともできます。

信託銀行が行うサービスにおいては,遺言の作成と,保管および執行(本人の死亡後に相続手続きを信託銀行が進めることもサービスの一環です)を行うのが遺言信託で,通常の遺言と比較しても,何か特別なことができるわけではありません(遺言書でも遺言のに従った相続手続きを進める遺言執行者を定めることができます)。つまり,「遺言書を信託銀行に預けて置く」とイメージすればよいと思います。

民事信託で行う場合の遺言信託は,信託を契約ではなく遺言で定める方法で,委託者が亡くなった時に信託の効力が発生する家族信託の形態の一つです。

この2つの遺言信託は同じ呼称でも意味合いが全く異なりますので,ご注意ください。

遺言と遺言代用信託の違い

遺言と遺言代用信託の一番の違いは,認知症対策も行うことができるか否かです。

遺言を作成しても,その後,自分自身が認知症になってしまった場合は,その後の資産の管理が出来なくなってしまいます。認知症になった後に悪徳業者に騙されてお金をなくしてしまえば遺言書に書いたことも絵に描いた餅になります。

他方で,遺言代用信託では,信託はすぐに効力を発生しますので,委託者の死後もしくは認知症になった場合についてあらかじめ定めておけば,本人が認知症になった時点で財産管理を受託者に移すという設計も可能です。このように単純に財産の承継先を定める目的であれば遺言で足りるようにも思えますが,遺言の機能を併せ持った信託を行うことで様々なリスクに対応することができるのです。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談