• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

民事信託とその他の制度との違い

最近、「終活」という言葉をよく耳にするようになりました。ご自身やご家族が元気なうちに、皆様の想いをかたちにし、つないでゆくための「生前対策」の大切さが広まってきています。ここでは、民事信託をはじめ、生前対策として活用できる制度についてご説明します。

民事信託=元気なうちからできる相続&財産管理の手法

高齢化に伴って増加する認知症は、一度なってしまうとご自身の財産が凍結されてしまいます。こうなると、

・自宅やアパートなどの不動産の売却、管理、補修ができない

・預貯金が解約できない

など、介護施設に入居されたご自身のみならず、介護にあたるご家族の生活にまで、大変な影響を及ぼしてしまうのです。

 こうした事態を防ぐための生前対策は、元気なうちに「亡くなった後のことを元気なうちから対策しておく」ということだけでなく、「認知症などの病気になったときに備えて財産の管理方法を決めておく」ということがとても大切なのです。

 また、ご自身が元気なうちに、財産の相続方法をしっかりとご家族と話し合って決めておくことで、お亡くなりになったあと、相続をめぐってご家族が争う「争族」を防ぐことができます。

 民事信託は、このような財産の凍結を防ぎつつ、皆様の想いをつなぐための相続・財産管理の手法として非常に優れた仕組みなのです。

民事信託の他にも、生前からできる相続・財産管理の主な制度として、

■ 生前贈与
■ 遺言(遺言代用信託・遺言信託)
■ 成年後見
■ 財産管理契約

があげられます。それぞれの制度にメリットとデメリットがあります。それぞれの制度の詳しい解説、民事信託との比較は、以下をクリックしてご覧ください。

また、ご自身やご家族の状況を踏まえて、どのような生前対策、財産管理対策が望ましいか気になる方は、ぜひ一度、無料相談をお申し込みください。お申し込みは、お電話またはこちらのお問い合わせフォームから承っております。

お問い合わせフォームはこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談