• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

親亡き後問題

障害のある子供をお持ちのご相談者様から,次のようなご心配をお伺いします。

自分たち親夫婦が亡くなったあと,障害のある子どもがどのようにして生活していけばいいのか

自分たち親夫婦が元気なうちに,何とか子どもの将来の生活に道筋をつけたい

ここで活用できるのが,家族信託(福祉型信託)です。

家族信託を活用することで,自分や配偶者が亡くなった後に子どもの生活の面倒をみてくれる人に自身の財産を託し,自分の死後,子どものために財産を管理し使用してもらうことで,子どもの安定した生活を実現することができるのです。

福祉型信託の活用例

状況

Aさんには3人の子どもがおり,その中に障害のある子Bさんがいます。

現在,BさんとAさんが同居しておりBさんの面倒はAさんがみていますが,Aさんは自分が亡くなった後娘Bの生活が心配です。

長男Cさんは日ごろBさんのことを心配してくれており,自分が亡くなった後は長男Cに娘Bのことをみてほしいと思っています。 また,Bがなくなった後は,Bのために貯めた財産はBの面倒を見てくれたCにやりたいと思います。 

家族信託の設計

このケースで解決しなければならない問題は,①Aさんが亡くなった後,Bさんがどのように生活していくか,という道筋をつけること,②Bさんが亡くなった後財産をCに承継させることです。

そこで,Aさんを委託者,受託者を長男Cさん,第一次受益者をAさん,Aさんが亡くなった後の受益者をBさんに設定します。また,Bさん死後は,信託財産をCさんに承継するよう定めることができます。

①こうすることで,Aさんの死後,Bさんは,預かった財産を,Bさんのために使うことができ,②また,Bさん死亡後に財産をCさんに承継させることもできるのです。

なお,Cさんが万が一Bさんの世話をすることを怠ってしまう可能性もあるため,CさんがBさんのためにお金が使っているかをチェックするために,信頼できる第三者親族や弁護士等専門家がこれを監督する人に選任する契約も併せて行うことができます(信託契約の中に盛り込むだけなので1本の契約書で出来ます)。

家族信託のポイント

遺言で財産を残すことも可能ですが,いくら財産を障害のある子どもの名義にしても,その財産を適切に使用する人がいなくては意味がありません。

また,上では触れませんでしたが,Bさんのための成年後見制度の利用も可能性があります。但し,成年後見だけでは,そもそもCさんが後見人になるか確証が持てません(保有財産が多いと第三者の専門家や信託銀行に財産を預けることになってしまいます)。,また,Bさん死亡後の財産の承継先の指定はできません。

一方で,家族信託では,受託者をCさんにしたければ確実にCさんが財産の管理者になり,長期に渡った財産管理を託すことが可能ですし,Bさん死亡後の財産の承継先も決めることができるのです。

親なき後問題の解決策として今注目をされているのがこの福祉型信託です。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談