• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

相続対策

相続に関するご心配として次のようなものがございます。

前妻や前夫の連れ子がいる。相続人の中に内縁の配偶者,音信不通の人,認知症の人がいるので,遺産分割協議がスムーズに進まないことが予想される

子どもの中に子供(あなたからみて孫)がいない夫婦がいるがその子供の妻側に財産を流出させたくない。

ここで活用できるのが,家族信託です。

例えば,自分の財産に関して,生前は財産管理を子どもらに託して,他方で財産から受ける利益(=受益者)は自分に設定をしておき,そのうえで自分が亡くなった後は自分の子どもに利益を受ける権利(=受益権)を引きつがせる方法です。

また,家族信託を使えば,自分が死んだ後の受益者を自分と同居していた子ども(例えば長男)に設定しつつ,この長男に子孫がいない場合には,長男の妻側に遺産が流れることを防止するために,長男の死亡後は,子供を持つ次男に遺産を承継させる,こんなこともできるのです。

このように家族信託は,遺言や生前贈与よりもかなり柔軟性のある方法です。

状況

お父さんは現在,長男(Aさん)家族と同居中です。先祖代々続く,土地や建物を守っていきたいと思っていますが,Aさん夫婦には子どもがいません。そこで,最終的には一家の財産(不動産)は次男(Bさん)の子供(孫=Cさん)へ引き継がせたいと思っています。

家族信託の設計

今回解決しなければならない点は,お父さんの所有する不動産を子,そして孫の代へと引き継いでいくことです。

この点,遺言では,Aさんに不動産を承継してしまうと,その後Aさんが死亡してしまうと不動産は妻に相続されてしまいますので,お父さんの要望は叶えることはできません。

そこで,家族信託を利用します。

委託者をお父さん,受託者をAさん,信託財産を不動産として,受益者をお父さん存命中はお父さん自身,お父さん死亡後の受益者をAさんの妻,Aさん死亡時に不動産がCさんに移転する内容の家族信託を設定しました。

家族信託のポイント

上記した通り,資産承継の代表的な手法である遺言は,自分が亡くなった後の財産の承継先を決めることができますが,その次の代以降の財産の引き継ぐ相手を決めることはできません。

他方で,家族信託では,次の代以降の財産の引き継ぎ先を予め決めておくことができるのです。ご自身の財産を自分の直系に代々引き継がせたい場合には,家族信託契約を結ぶことがおすすめです

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談