• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

家族信託必要度チェック

自分や自分の親に家族信託は必要なんだろうか?とお考えの方。下記で必要度をチェックしてみてください。 

<認知症に対する不安がある方・・・>

① 子供らが皆独立してしまった方

あなたや配偶者がこのまま認知症になってしまったら,預金の出金はもちろん,ご実家の管理や売却も行うことができなくなってしまいます。そうなる前にぜひ家族信託でお子様などに財産の管理を依頼しておくことを強くお勧めします。

② 自分が老人ホームに入ると実家が空き家になってしまう方

あなたが老人ホームに入った後で認知症になったとすると,そのあとの施設利用料金等をねん出するために実家を売却しようにも,売却することが出来なくなってしまいます。そうなる前に,家族信託で実家の不動産をお子様などに管理を依頼しておくことが必要です。

③ 相続税対策が必要な方

相続税対策として,不動産の購入やリフォームを継続して行っていきたい方。あなたが認知症になってしまえば,そのような対策を行うこともできなくなります。家族信託を使えば,あなたが認知症になった後も,問題なく相続税対策を行うことができますので,是非一度ご相談下さい。

<遺産分割や財産の移動先に対する不安がある方・・・>

④ 子どもの中に子供(あなたからみて孫)がいない夫婦がいる。

お孫さんのいないご夫婦にあなたの財産が相続されると,その財産は将来的にはあなたとは全く血のつながっていない子どもの配偶者やその連れ子に承継されて行くことになります。これを嫌がる方は多くいらっしゃいます。この点も家族信託で解決することができるのです。

⑤ 相続人予定者の中に,音信不通の人や判断能力がない人がいて,遺産分割協議がスムーズに行うことができないと予想される。

家族信託を活用することで,遺言と同じような効果を発揮することができます。

<親なき後問題に対する不安がある方・・・>

⑥ 子どもや孫に,障害のある子がおり,自身で財産管理をすることができない。自分の亡くなった後のその子や孫の生活をなんとかしたい。

この場合,家族信託を使って他の親族などを受託者として財産の一部をその障害ある子どものために使っていくことができ,あなたが死亡した後もその契約を残すことができます。 

<共有名義に対する不安がある方・・・>

⑦ 現在または将来,共有名義になる不動産や株式があり,今後遺産分割で揉める可能性があり心配。

<事業承継に対する不安がある方・・・>

⑧ 株式が経営者以外にも分散しているため,集約をさせたい。 (議決権集約型)
⑨ 株主が経営者1名のため,認知症になると経営がストップするためリスクを分散させたい。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談