• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

信託の設計方法

1 何をどのように決めないといけないのか?

家族信託を行う際には,委託者(財産の所有者)と受託者(財産の管理・処分を託される人)の間で,どの財産をどのような目的でどのように管理するのか等様々な条件を決定する必要があります。

以下では,どのような手順で信託契約の内容を決定していくのかを簡単に示しています。

始めは,こんなこと自分でできるだろうか?とご不安になられることと思いますが,専門家が間に入ることで,お客様の声をヒアリングしながら契約の内容を詰めていきますので,どうぞご安心をしてお越しください。

2 家族信託の設計方法

STEP1:家族信託で実現させたい目的を明確にする

信託契約の内容を詰めていくには,まず,「何のために財産を使用したいのか」という最終的な目的・ゴールを決める必要があります。

たとえば,「認知症になった後に,空き家になる実家を売却して欲しい」,「障害を持った子どものためにこの財産は使って欲しい」,「収益不動産を管理して欲しい」といった皆さんのご不安な事柄,解決したい事項をはっきりさせます。 

STEP2:信託する人・財産を管理してくれる人を決める 

STEP1の目的を達成するために,具体的に「誰に財産の管理を任せるのか」を検討します。検討するだけでなく,その人にきちんと説明をし,納得してもらわなければ,意味がありません。ここでも専門家として,皆さまの説明のサポートをさせて頂きます。

STEP3:信託する財産をきめる 

次にどの財産を信託するかを決めます。

信託できるのは,不動産のみではありません。預貯金や有価証券,ペットなどの動産も可能です。何でも間でも闇雲に任せるのではなく,この目的を達成するために信託する財産は何か,をきちんと検討する必要があるのです。

STEP4: 信託の開始と終了を決める 

ここも重要なポイントです。信託は,信託契約を開始したときから開始しなければいけないのではありません。「自分が認知症になったら」ですとか「自分が死亡したら」等といつから信託が開始するのかを自由に決めることができるのです。

同様に。信託契約は,いつを終了時点とするかも自由に決定できます。自分が死んだ後も信託契約を継続させることだってできるのです。

このように家族信託は,自由に信託の内容を決めることができますが,逆に見れば専門家のアドバイスがないまま契約内容を軽々しく決めることには大きなリスクが伴います。

まとめ

このように,家族信託は,完全オーダーメイドで作成することができますので,後になって「ああしておけばよかった」などと後悔しないためにも,専門家のアドバイスを求めて頂くことが必要となって参ります。

家族信託に興味のあるお客様は,まずは当事務所までご相談ください。皆さまの想いをきちんと形にできるのは,我々専門家です。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談