• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

家族信託と商事信託との違い

1 信託って「信託銀行」の何か?

信託という言葉を聞くと,「信託銀行の関係かな?」を思われる方もいらっしゃいます。

しかし,家族信託と信託銀行の販売している商品は,全く異なりますのでここでご説明いたします。

改めて,「信託」とは前ページの解説の通り,

財産の所有者(=委託者)が,信頼のおける人や法人(=受託者)に財産(=信託財産)を託し,受託者が定められた目的(=信託目的)に従って財産を管理・処分する方法で,その管理などによって得られた利益は受取人(=受益者)に対して支給されます。

2 民事信託(家族信託)と商事信託

この「信託」には,大きく分けて商事信託と民事信託(=家族信託)があります。

①商事信託:財産を預かる受託者が,信託会社や信託銀行といった「業者」である場合です。信託会社や信託銀行は,営利目的で「信託報酬」を受け取ることができます。

②民事信託:財産を預かる受託者が,財産の所有者の家族や親族など信頼できる人である場合です。この点は誤解もあるのですが,家族など業者でない人も,営利目的でなければ,受託者として報酬を受け取ることができます。

 その他家族信託では,家族間で信託の内容を話し合って決めますので,商事信託と違ってオーダーメイドで内容を決めることができることが大きな特徴ですので,覚えておいてください。

3 民事信託に家族信託,福祉信託って何がどういう関係なの?

また,最近ではその他にも個人信託,福祉信託など,信託にまつわる言葉が複数広がっていますが,整理すると,法律上の言葉としては,「民事信託」という概念があり,そのうち,家族・親族が受託者となるものを「家族信託」と呼ぶことが多く,また障碍を抱える子の生涯資産管理を目的とする場合を「福祉信託」,個人が受託者であるために呼び名が派生した「個人信託」は,いずれも民事信託という仕組みの一部です。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談