• JR川西池田駅から徒歩3分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付時間 9:30~18:00

0120-261-030

Webからの無料相談はこちら

家族信託とは

(1)家族信託とは?

最近,テレビや新聞などで良く紹介されている,相続対策や認知症対策の有効な手段として注目されている制度,それが「家族信託」です。 

「家族信託って聞いたことがあるけどよく分からない」というお声も頂きますので,ここでは,簡単に家族信託の仕組みについて,お話します。

(2)このままでは資産凍結されるかも?

もし皆さんが,何の対策もせずに,そのまま年齢を重ねて認知症になってしまうと,皆さんの財産はどうなるでしょうか? 

実は認知症になることで,預貯金を管理したり,不動産を売却して老人ホームの入居資金に充てたり,不動産を賃貸に出して収入を受け取ったり,相続税対策として修繕を行うなどの資産運用が出来なくなってしまうのです。

つまり,認知症になることで,皆さんの資産は「凍結」されてしまうのです。 

(3)家族信託を使うとどうなるのか?

家族信託という制度を使うと,認知症になる前の元気なうちに,自分の財産を「誰に」「どのような目的で」信じて託す(=信託)かということを決めることができます。 

このようにあらかじめ信託という仕組みを利用しておくことで,いざ自分が認知症になった後には,財産を託された人(例えばお子さん)が,あなたのために財産を管理してくれるのです。

なお,多くの場合,父や母の財産を,子ども等の家族が管理していくことになりますので,「家族」信託と呼ばれています。 

さらに詳しく・・・家族信託とは 

相続対策,認知症対策や事業者の方の事業承継で最も有効とも言われる財産管理方法が「家族信託」です。
まず,「信託」と言えば,投資商品である「投資信託」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 

しかし,家族信託は,投資の商品ではありません。

家族信託は,資産をどこかに投資してお金を増やすことを目的にするものではなく,「認知症になったらどうなるの?」ですとか「施設入所後に実家を売却できるのか?」といった皆さんの将来への不安を解決するための仕組みです。 

自分(委託者)の財産(不動産・預貯金・有価証券など)を,信頼できる家族や相手(受託者)に託し,特定の人(受益者)のために,あらかじめ定めた信託目的に従って,管理・処分・承継する財産管理手法,これが家族信託です。

家族信託の重要用語

家族信託では,「委託者」,「受託者」,「受益者」という言葉がよく出てきますので,おさえておきましょう。

・委託者:財産を託す人です。この人が,「自分の財産をどのようにしたいか」を決めることになります。

・受託者:委託者の財産を託される人です。委託者の意向に従って,実際に管理・処分を行っていくことになります。

・受益者:委託者の財産による利益を受け取る人です。委託者と受益者が同じ,というパターンが多くみられます。

・信託財産:信託契約において,委託者から受託者に託される財産のことです。

・信託目的:信託契約においては,受託者が預かった財産を「好きにしていい」訳ではありません。受託者は,契約に定められた「信託の目的」(例えば,「両親の老後の生活資金を確保するため」,「会社の円滑な事業譲渡のため」等)に従った管理処分しか出来ないのです。このように受託者の行動の指針となるものが信託目的です。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-261-030

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談